オーストラリア旅行記26~ジェラルトン農園滞在記~

Oceania

今回ジェラルトンでは、去年ホイアンで出会ったオージー夫婦の農園に滞在。

農園といっても日本とは全然規模が違い、とにかく大きかった!

そんなオーストラリアの農園滞在について、少しだけ紹介します♪

 

 

農園は100ヘクタール!

 

オージー夫婦の家の前はこんな感じ。

ひたすら続く1本道、どこまで続いているのかわからないくらいです。

 

 

オージー夫婦の農園はもともと1000ヘクタールあったものを整理して、100ヘクタールにしたそうです。

それでも農園としては小さいのだそう!

 

 

農園で何をしているの?

農園といっても100ヘクタールもあるからいろんなことをされています。

農園と聞いてまず思いつくのは作物の栽培。

私が行った1月は小麦やメロンの収穫は終わっていました。

 

 

 

羊も育てていて、広い農園を定期的に移動させて草を食べさせています。

ちなみに牧羊犬ではなく、小さなトラクターで追いかけていました。

 

 

 

後ろのトラクターで追いかけます。

羊かわいい♡

生まれて1週間ほどみたいです。

 

 

あとは野生のカンガルーも農園にいるので、トラクターで追いかけたりできます。

カンガルーはめちゃくちゃ速いので、追いかけるのが大変です。

 

 

 

他にはロブスターの小さいバージョンの養殖もしています。

こうやって見るといろんなことをしています。

 

 

私の知り合いのオージー夫婦は高級メロンの栽培をしていて、ドバイなどにオーストラリア代表として自分たちのメロンを紹介しに行ったりするそう!

かなりやり手の農家さんみたいです。

 

 

ごはんタイム!

 

農家でのご飯は基本的に自給自足。

こちらは放牧している羊と、畑で栽培しているジャガイモ。

 

 

 

もともと羊のお肉って堅いイメージだったんですけど、これは本当においしい!

最初は羊を見てかわいい、とか思っていたんですが、だんだんあれおいしそうだな・・・と思うようになりました 笑

 

 

 

ほかにもマンゴーやオリーブ、ザクロといった果物を庭で栽培しているので、実がなっていたら食卓に出ていました。

日本では体験できないので本当に貴重です♡

 

 

人の縁って大切!

 

今回、初めて海外で知り合いのうちに泊まるという経験をさせてもらいました。

観光では体験できないことを体験させてもらい、本当に感謝しかありません。

別れるときに大泣きしてしまって、オージー夫婦を困らせてしまいました。

 

 

前年にホイアンで出会わなければ決して会えなかった私たち。

こうした世界中の人たちとの縁に感謝です。

 

全然旅行の参考にならないと思いますが、ぜひ旅行では人との縁も大切にしていきたいですね☆

 

 

 

オーストラリア旅行記27~免税手続き~に続く

オーストラリア旅行記に戻る

トップページに戻る

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました