上海旅行記10~上海タワー~

China

外灘散策時に感動した浦東の夜景を身近に見たくて、上海一高い上海タワー(上海中心大厦)に登ってみました!

上海タワーは2016年3月12日に完成し、高さ632m、118階の展望台フロアは高さ546mの場所にあります。

 

 

なんでもないですが、自分の誕生日と同じ日に完成したというのが感慨深いです。

 

 

 

最寄り駅は2号線の陆家嘴駅。駅から徒歩10分で到着です。

私は駅から地下道を通って向かったのですが、わかりにくかったので地上で高層タワーを見ながら進んだ方が楽だったかと思います。

 

 

 

チケットはKKDaysでネットであらかじめ購入し、当日はチケット売り場でバウチャーを見せるだけで済みました。

【上海の頂点】上海タワー:118F展望台チケット



 

 

 

上海タワー展望台への入り口は1階ではなくエスカレーターを降りて向かいます。

 

 

 

入り口に入ると手荷物検査。

なんだか空港みたいです。

 

 

 

手荷物検査が終わったらチケットを提示して入ります。

 

 

 

すぐにエレベータがあるわけではなく、まずは展示ルームがあるので、見学していきます。

 

 

 

歴代の高層タワーの展示もありました。

 

 

 

上海タワーについての説明もしっかりあります。

ここはさらーっと見て、展望台へのエレベータに乗り込みます。

 

 

 

日暮れの時間に乗ったのですが、この時間は混雑もなかったです。

 

 

 

エレベータを待っている間にエレベータの情報も書かれていたのでお勉強します。

漢字で書かれていると何も考えずに読めるので、中国の旅行時は楽ですね。

 

 

 

高層タワー恒例の高さとスピードの表示。

写真に写せなかったのですが、耳がツーンとなるくらい早かったです。

 

 

 

エレベータが到着すると、そのまま階段を上ります。

もちろん1階分しか変わらないのですが、少しでも上に行ってみたいですよね!

 

 

 

日暮れの時は若干霞があって、遠くはあまり見ることができません。

ここから30分ぐらい暗くなるのを待ちます。

 

 

 

辺りもしっかり暗くなって、建物のライトアップが際立ってきました。

上海テレビ塔のピンク色のライトアップがすごくかわいいです。

 

 

対岸の租界地区のレトロなライトアップもちゃんと見えます。

 

 

 

夜景に満足したら展望台を散策。

恋人たちのデートスポットにもなっているようです。

 

 

ちなみに地上に降りる際には行列がすごくて30分ぐらい待ちました。

 

 

 

やっぱりきれいな景色♡

お腹が空いたので食事の情報をガイドブックで確認するために、一旦建物の中に戻ります←

 

 

 

上海旅行記11~上海タワーで小楊生煎~に続く

上海旅行記に戻る

トップページに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました