上海旅行記1~浦東空港から上海市内への移動~

Shanghai

やってきました、上海!

入国審査は時間がかかってちょっとイライラしましたが、30分ちょっとで入国できました。

 

 

さて、入国したのが5時45分。

リニアモーターカーが動き始めるのが朝7時ですが、みんな乗るために待ってて混雑になるのは予想できました。

電車は6時過ぎだけど荷物検査→重い荷物をもって乗り換えは面倒。

ということで、空港と宿泊するルネッサンス上海豫園ホテルの送迎往復をKLOOKで予約しました。

 

 

これはEGO BUSという私が宿泊するホテルと空港を結ぶ乗り合いバスの乗車券を販売していて、もともとは公式HPから予約したかったのですが、なぜかアクセスできなかったんです。

どうしようかと思っていたら、EGO BUSのサービスがKLOOKで提供されていたのですぐに予約。

荷物もあるし、上海の電車は荷物検査があって面倒なので、タクシーは片道200元(約3500円)越えと値段が張るし、ぼったりくりに逢うのも嫌だな~と思っていたので、バスで楽々移動できるのはありがたいです。

※EGO BUSの停車するホテルはここから確認できます♪

 

 

 

ちなみにEGO BUS公式サイトは利用できませんでしたが、仮に公式サイトで予約すると片道は68元(約1150円)、往復は118元(約2000円)。

KLOOKで予約する場合、値段は片道58元(約1000円)、往復で108元(約1800円)

割引でチケットを買えてよかった、KLOOKさんありがとう♡

 

 

 

荷物の受け取りを済ませるとすぐにEGO BUSの受付カウンターがあります。

ここでKLOOKから予約時にメールで送られてきたバウチャーを見せるとチケットを交換してくれます。

 

 

予約時に乗車日は設定していますが、カウンターで最終乗車日時を指定できます。

私は往復の乗車日時をここで指定できました。

 

 

 

これが往路のチケット。

復路も同じようにチケットを渡されますので、絶対に無くさないように財布の奥に保管。

 

 

チケットをもらえたのが6時ごろ。

7時発のバスなので少し空港をぶらぶらして6時20分ごろにバス乗り場に移動します。

バス乗り場はEGO BUSのカウンター近くのエレベーターで1階に降りてすぐの27番出口。

 

 

 

受付のお姉さんに、「27番出口からバスが出ているけど、25番出口しか使えないからそっちから出てね」といわれていましたが、本当に封鎖されています。

 

 

 

ここが25番出口。

警備員さんがいて結構緊張します。

 

 

 

25番出口から27番出口方向に進みます。

 

 

 

え、、、もうバスいる。

私が近くに行くと運転手さんが出てきて荷物を積んでくれました。

 

 

このあと10分ほど待って別の2人が乗り込み、出発。

7時出発とは・・・笑

 

 

 

バスは8人乗りですが、満席になるとちょっときついかも。

今回は3人でしたので悠々自適。

 

 

 

お水のサービスもあります。

飛行機を降りると喉が渇いているのでこういうサービスもいいですね。

 

 

 

コンセントやUSBで充電も可能です。

 

 

 

テレビの画面はありましたが、ただのオブジェみたいです。

 

 

空港から宿泊ホテルへは1時間ほどで到着しました。

運転はとても穏やかで眠気との闘いが大変だったくらいです。

お金のやり取りがすでに終わっているので、安心して乗ることができました。

EGO BUSの停車するホテルに宿泊される方は、利用されることをお勧めします☆

 

 

 

上海旅行記2~ルネッサンス上海豫園ホテル~に続く

上海旅行記に戻る

トップページに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました